投稿日:

長い治療期間を経てやっとインプラントが

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。