投稿日:

わたくし、着物買取ってだあいすき!

和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。
というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。
それもそのはず。
中古の和服市場では、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。
それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。
着物の買取に取りかかる前に高額査定の決め手になるのは何かいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。
素材や色柄、仕立てが上等であることが絶対に必要なことですが、さらに、シミや傷がついていないかどうかも査定のときにはシビアに見られるようです。
素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても査定で傷を発見されると大幅な査定額減は避けられないようです。
以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は取扱をやめた店も少なくないので、近いからといって持ち込む前に、問い合わせたほうが良いと思います。
どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、高値で買い取ってくれますから、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。
近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。
これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、たくさんの買取業者の中から絞り込むのにどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。
今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので決め手がなければ選べないでしょう。
よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。
専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定士の査定を受けられるので、価値を十分に評価してもらえるでしょう。
どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。
着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。
振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため管理も他の着物に比べ負担感が増します。
今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。
いわゆる高級品であって、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。
つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。
着物を着る機会が少ない身内ばかりで、このまま日の目を見る機会がないのも着物が生かされないと思うし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。
何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。
サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。
やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高額査定がつきやすく、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるみたいです。
きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、とりあえず査定だけでもと思いました。
中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、依頼する側でも注意が必要かもしれません。
私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もありました。
ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。
警察に古物商の届出を出しているような業者なら、家に押しかけて居座るようなことはしません。
数ある着物買取業者の中でも、ネット専業の『スピード買取.jp』は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。
無料の電話相談は、24時間365日対応しているため、自分の時間に合わせて相談できるのが嬉しいところです。
もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。
「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、利用しやすい業者さんだと思います。
大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。
よくトラブルで耳にするのは、不当な安値での買取りが一番多いです。
また、査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。
業者の評判を調べ、依頼するようにしましょう。
梱包前に写真を撮っておくのもトラブル防止に役立ちます。
私は着物の買取ランキングで人生が変わりました